PEG-TJ37 - ソフトウェア互換性 - Buckingham EB Player

a0003732_121751.jpg
T600Cでは希にしか使わないけど仕事柄重要なアプリだったBuckingham EB Playerですが。メモステアクセス速度向上で期待していたのですが、表示がおかしいです。起動や動作には問題ないようなので凄く惜しい。(T-T)

アップデートの予定はなさそうなので、他の辞書アプリ探さなきゃなりません。因みにT600Cでは4つの辞書アプリを使っていました。

・標準辞書 ... DOCリーダ等からの連携のため希に使用。
・KDIC ... 自作辞書及び無償配布されている辞書(Gene, IDP, PDD, Monash, Wordnet, Encycl)用にそれなりの頻度で使用。(Abbreviation, 地名, French, 自編の業務用語集, など。)
・辞スパ2 ... 主にDA版を使用。漢和&国語辞書担当なので頻度は少ない。
・Buckingham EB Player ... CD-ROMのEPWing辞書から映像や画像を落とした辞書を使用。元データがちゃんとした辞書なので、仕事で使う上ではこれが一番重要だった。

Palm用に市販されている辞書は語彙数はともかく内容が薄いので、
EB Playerの代わりはつとまりません。WDICはT600Cの時にも試しているのですが、私の持っているEPWing辞書は変換がうまくいかなかった経緯があります。

参ったなぁ。。どうしよう。
[PR]
# by kamicup | 2004-02-15 12:18 | PDA

PEG-TJ37 - 外観 - 背面

a0003732_115351.jpg
写真撮影時にはこういう向きになるのでカメラとしてもごく自然。これは良い!

ちなみに付属の横開きカバーは、背面に回した際にもレンズは覆わないサイズになっています。縦開きならそうはいきません。なかなか良い感じです。
[PR]
# by kamicup | 2004-02-15 11:54

PEG-TJ37 - スイッチ類

a0003732_11493.jpg
T600Cからの乗り換え組としてはホールドスイッチが嬉しいかも。数年使っていて数回だけだけど、勝手にスイッチが入って電池消耗していることもあったので。

丸いのは写真撮影用のキャプチャボタン。これについてはソフトウェア面にちょっとした不満が。これを押すとClie Cameraが起動するようになっていますが、はっきり言って邪魔です。私の持ち方だと左手小指がジャストポジションなので、意図せず押してしまいます。(^^; まぁそれは慣れの問題ですが、好きなアプリを割り当てるようにしてほしかったところです。

左側のスライドスイッチはレンズカバーの開閉用です。これを開くとClie Cameraが起動するのは良し。というか、これがあるのに何故キャプチャボタンの機能をかぶらせたのかが謎です。
[PR]
# by kamicup | 2004-02-15 11:50 | PDA

PEG-TJ37 - 外観

a0003732_113839.jpg
単品ではPEG-T600Cよりずんぐりしているように見えるのですが、並べてみると殆ど同じです。
縦幅減って横幅増えたのは良いんじゃないでしょうか。T600Cは胸ポケットに入れたとき、ちょっと頭が出る&横幅方向に隙間があるので安定しないというのがあったので。

液晶は明るめで、T600Cより綺麗です。
[PR]
# by kamicup | 2004-02-15 11:36 | PDA

PEG-TJ37入手

PEG-T600Cからの乗り換えを目論んで購入しました。
果たしてメインマシンとして使えるか!?
a0003732_113051.jpg

[PR]
# by kamicup | 2004-02-15 11:28 | PDA

というわけで始動

当初の開設目的は「静的なHTMLにトラックバック受信機能を埋め込んでみる。」の実験ページへのTrackback Ping送信実験なわけですが、折角なのでブログとやらを始めてみようと思います。
[PR]
# by kamicup | 2004-02-14 09:27

静的なHTMLにトラックバック受信機能を埋め込んでみる。

Trackback仕様を静的ページに実装する実験です。

http://kamicup.at.infoseek.co.jp/how2insertrss.html

Trackbackというのは元々特定のブログシステムに実装することを想定して作成された仕様ではありますが、だからといって別にブログに限定されたものでもありません。

私はいわゆるブログシステムというものには(ここも含めて)あまり興味がないのですが、Trackbackという仕組みを単体で見ると、なかなかおもしろい物だと思います。

このエントリは、Trackback Pingが正常に処理されるかどうかのテストでもあります。
[PR]
# by kamicup | 2004-02-13 10:34 | Web