100% Pure Java思想ってまだ生きてるのか(2)

余談へのコメントをもらいましたが、なんだかハナシがかみ合ってない気がするので、補足です。

http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20060128184627

> 100% Pure Javaというのは、単にネイティブコードを1行も書かなければ成立するもので
> はありません。標準のJava実行環境が持つVMとクラスライブラリだけを使って実行可能で
> ある必要があります。そして、100% Pure JavaとはWrite Once Run Anywhereという理
> 念を実現するための条件である以上は、Javaの実行環境は1種類でなければなりません。

> なので、携帯電話で使われるJavaとは、私から見れば100% Pure Javaの不可能性を実
> 証した典型的な事例でしかありません。

何の異論もありません。Write Once Run Anywhereなんていうものは既に意味のないものだと思いますし、現在Javaにそれを求めるのは間違いだと思います。故にもし未だ100% Pure Javaに価値があるというような思想が残っているなら、私にはとても奇妙に見えます。

>>> Javaプログラマには信念だけでなく100% Pure Javaという理論武装まで揃っています。

もし今さらそんなものを持ち出してくる輩がいるなら、それは馬鹿にされて当然でしょう。ただそういう輩はどの言語圏にも同じように居る困ったヒト達だろうから、「Javaプログラマ」でくくってしまうのは違うだろうと思います。
[PR]
by kamicup | 2006-01-29 23:27
<< なかなか消えないもんだね 100% Pure Java思... >>