なかなか消えないもんだね

こうやってヒトは黒歴史をぶちまけながら生きていくわけですね。

せっかくだから作ったサイトの告知。
http://artbrut-japan.info/

アール・ブリュットっていうジャンルのアート(アツいです)に関する情報サイトです。
[PR]
# by kamicup | 2012-12-26 22:00

100% Pure Java思想ってまだ生きてるのか(2)

余談へのコメントをもらいましたが、なんだかハナシがかみ合ってない気がするので、補足です。

http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20060128184627

> 100% Pure Javaというのは、単にネイティブコードを1行も書かなければ成立するもので
> はありません。標準のJava実行環境が持つVMとクラスライブラリだけを使って実行可能で
> ある必要があります。そして、100% Pure JavaとはWrite Once Run Anywhereという理
> 念を実現するための条件である以上は、Javaの実行環境は1種類でなければなりません。

> なので、携帯電話で使われるJavaとは、私から見れば100% Pure Javaの不可能性を実
> 証した典型的な事例でしかありません。

何の異論もありません。Write Once Run Anywhereなんていうものは既に意味のないものだと思いますし、現在Javaにそれを求めるのは間違いだと思います。故にもし未だ100% Pure Javaに価値があるというような思想が残っているなら、私にはとても奇妙に見えます。

>>> Javaプログラマには信念だけでなく100% Pure Javaという理論武装まで揃っています。

もし今さらそんなものを持ち出してくる輩がいるなら、それは馬鹿にされて当然でしょう。ただそういう輩はどの言語圏にも同じように居る困ったヒト達だろうから、「Javaプログラマ」でくくってしまうのは違うだろうと思います。
[PR]
# by kamicup | 2006-01-29 23:27

100% Pure Java思想ってまだ生きてるのか

http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20060127131849

> Java誕生からこれだけの時間が経過したにも関わらず本当に使える
> 100% Pure Javaアプリケーションが極めて少ないという事実から明
> らかでしょう。

 ん?100% Pure Javaのアプリケーションなんていくらでもあるのになぁ。もしかしてサーバとかケータイ用は除外ですか?いやしかしメインな分野を除外しちゃ拙いでしょう。と、それは余談ですが。

 私は100% Pure Javaかどうかはどうでも良いと思っています。個人的にデスクトップやPDA用のソフトも配布してますが、JNI経由で起動してJNI経由でネイティブの機能を使って(その上VM込みのインストーラで配布して)たりもするので、多分ユーザの大半はそれがJava製だと認識していないと思います。こういう措置は、ユーザの利便性を考えれば当然では無いかと思います。

 SWTなんかがでてきて実際に普及しつつあるのも、Pure Java脱却による実利主義が浸透しつつあるからだと思うんだけど。まだ100% Pure Javaの思想って生きているんでしょうかね。

 (ああ、だから未だにデスクトップ向けアプリが少ないのか。)
[PR]
# by kamicup | 2006-01-27 18:06 | Technology

今月の衝動買い

ふと気が付くと。

SANYO ICR-S310RM \28,400
audio-technica AT9842 \4,200
SONY VAIO type-T (VGN-TX90PS) \222,150
MAZDA RX-8 \3,070,000

あとはマンションでも衝動買いすれば完璧ですな。(お
[PR]
# by kamicup | 2005-09-23 10:59 | Memo

構想メモ (kamicup CMS)

kamicup CMS

General
- Graphical Content & Resource Management System
- Category Relationship
- Resource Relationship
- Categorized Rating
- Pluggable Source Flavor (Plain, Wiki, MagML, XML)
- Pluggable Device Profile
- Pluggable Component

Elements
- Layouts
-+ Layout.source*
- Categories
-+ Category.xml
- Contents
-- Content*
--+ Content.source
--+ Content.metadata
--+ Resource*
- Resources
-+ Resource*
- Plugin
-- Flavors
--+ Flavor.registry*
--+ Flavor.class*
-- Profiles
--+ Profile.registry*
--+ Profile.class*
-- Components
--+ Component.registry*
--+ Component.class*

Idea
- Complex Dimension Filter
- Map, Graph View
- Timescale VS. Category Axis
[PR]
# by kamicup | 2004-10-20 17:39 | Memo

CMよるブランドイメージの喪失

少なくとも私にとっては。

かつてSonyというブランドは、他者に阿らない先鋭性そのものだった。そしてまたauは、利便性の枠を飛び出して何かもっとポジティブな日常を提供してくれるブランドの筈だった。両者とも自身の価値を知っている企業だ。

そう思っていたが。。。

そのような稀少で良質なブランドイメージは、見事にブチ壊された。
理由は、言わずと知れた、あの人のCM起用。

決めたのは阿呆な経営陣か?一体何考えてるんだぁ?
[PR]
# by kamicup | 2004-09-10 15:28 | Memo

ヨサゲなデジカメがイッパイ

何で俺がEXILIM Z-40買った直後から続々とヨサゲな機種が発表されるかなぁ?
新しいEXILIM/OPTIO-Sも羨ましいのだが、DSC-L1なんてもう俺の理想ど真ん中だよ。
EXILIM系はカメラとしては良いのだが、デザインとユーザビリティはDSC-U系に及ばない。
ならDSC-U系に収納型ズームレンズと動画撮影機能があれば最高だと思っていたのだが。
まさにそれが実現されているわけですわな。しかも動画は30fpsのMPEG-VXですよ君。
ただ一点惜しいのは、DSC-U系のようなスイッチ連動レンズカバーが無いこと。
あれは、ガバッとつかめば其処にある、これ以上無い直感的な電源スイッチだった。
まさにユーザビリティとは斯く在るべきと言うに値する至高だと思っているので、
新機種にも使用して欲しかったとは思う。
[PR]
# by kamicup | 2004-09-01 16:25

PalmOS5用RSSリーダ開発

a0003732_9471719.jpg
PalmOS5用のRSSリーダ(アグリゲータ)を作っています。

http://kamicup.at.infoseek.co.jp/kpilov4/index.html

残り少しなので、この連休には完成するでしょう。
[PR]
# by kamicup | 2004-08-12 09:50 | PDA

ケータイを携帯しない24歳の戯言

普段の私生活では、携帯電話をあまり持ち歩いていません。基本的には、架かってくることがわかっている時にだけ持ち歩きます。

どうしても自分から架けなければならない状況になる可能性があるときにももちろん持っていきます。バイクに乗るときには必ず携帯します。峠で事故ったら必要になるので。

折り畳み式ケータイが嫌いです。基本機能とデザインの間に矛盾のあるモノは嫌いなのです。なのでストレートタイプの機種を5年程使い続けています。

いや、白状すると、実際は1.5+3年間なのです。最初の1.5年経過後にUSAへ行く羽目になったので、一旦解約しました。半年後日本に戻ってきたとき、新規契約したわけですが、あえて以前と全く同一同色の機種を購入しました。気に入ったモノはとことん愛用します。女性に対するときと同じです。

待ち受け時間が短い機種も駄目です。私のはさすがにそろそろ電池がヘタる兆候がありますが、それでも一回の充電で2週間は持ちます。

ただしこれには副作用があって、充電という行為を完全に失念したまま電池切れの状態で1週間ほど放置していることもあります。でも元々故意に電源を切っている日も多いので、何ら問題があるわけではありません。

人との関係にも別に支障はありません。電話しなきゃ続かないような関係ならば、大したものではありません。私には親友(だと私の方は思っている相手)が3人いますが、電話で話すことは殆どありません。たとえば5年に1回しか会わなくても変わらないのが友垣というモノです。

結局、携帯電話は無くても暮らせるし仕事に支障も無いのです。全くツーカー派ではありませんが、今のケータイの流れは何かに逆らっていると感じます。

もし今日携帯電話が壊れたら、候補はInfobarか、エンジョルノか、或いは買わないという選択か。
[PR]
# by kamicup | 2004-02-19 20:25

所有PDA 時系列

Visor Deluxe (Handspring Japan)

何処で知ったのか完全に忘れてしまいましたが、私とPDAとの出会いはVisorが切っ掛けでした。本心はグリーンかブルーが欲しかったのですが、仕事場にも持ち込む事を考えて、結局アイスにしました。購入後3日間ぐらいでとことんカスタマイズし、実質的には今と殆ど変わらない環境に仕立て上げた気がします。
それまでの私はPCにせよデジカメにせよ、デザインやコンパクトさは二の次でスペックを重要視していましたが、その視点を変える切っ掛けにもなりました。

PEG-T600C (Sony)

周りで公開されるアプリケーションが徐々にVisorDxのOSをサポートしなくなり、新しいOSのマシンが欲しくなったので買いました。Visor EdgeやVisor NEOも候補にあげていましたが、結局ハイレゾカラーが決め手でしたね。これが無いと出来る仕事が半分になる、というくらいに使い倒しました。

Zaurus SL-750C (Sharp)

Linuxという名のOSにちょっと興味があったのと、Java対応ならいざとなれば自分でプログラムを作ることも出来るという可能性、それにハードの拡張性を考えると「何にでも潰しが利くのではないか」と思って買いました。結局その予想は正解でしたね。今はモバイルでのネット専用端末にとして使っています。ちょっとした旅ならノートPCを持っていく必要が無くなったのは結構大きな変化です。

iPAQ Pocket PC h1937 (HP)

これの購入は\19,800という値段を見て、PIMは使えない事を前提に冒険してみました。やっぱりPIMは使いものにならないですね。ただ思ったよりもバッテリが持つので、MP3/WMA再生専用機にしました。(それまで使っていたMPIOは弟に譲った。)

PEG-TJ37 (Sony)

T600Cはまだまだ現役ばりばりなのですが、h1937と2台とも持ち歩かなければならない状況を改善出来る点、そして何よりメモ撮りカメラが欲しくて買ってしまいました。折り畳みケータイが嫌なのでネット接続も出来ない数年前の携帯を使い続けている私としては、普段持ち歩くPDAにカメラがついているというのは大きなメリットです。
T600Cと比べてしまうと細かい不満点はいくつもありますが、それでも当分これをメイン機として使い続けると思います。
[PR]
# by kamicup | 2004-02-19 19:35 | PDA